クラウドの品質保証レベル(SLA)の提供

ここでは、クラウドの品質保証レベル(SLA)についてご案内します。

品質保証レベル(SLA)はクラウドサービス選択の大きなポイント

品質保証レベル(SLA)とは、クラウドサービスの提供事業者とクラウドサービス利用者との間に結ばれるサービス水準に関する合意です。通常、サーバーダウンやネットワーク経由でのアクセスができない場合が対象となります。

稼働率の考え方(ニフティクラウドの場合)

間稼働率=(月間総稼動時間-累計障害時間)÷月間総稼動時間×100

ネットワーク環境やディスクの動作異常については、それによって影響を受けたサーバーの台数を基準に、サーバー稼働率として換算します。

  • 5分未満は切り捨てとなります。
  • @nifty ID単位での算出となります。
SLA 詳細
ニフティクラウド
提供:ニフティ
99.99%
資料ダウンロード(無料)はこちら
BIGLOBEクラウドホスティング
提供:BIGLOBE
99.99%
IIJ GIOホスティングパッケージサービス
提供:IIJ
SLA提供なし
BizホスティングCloudn
提供:NTTコミュニケーションズ
SLA提供なし
ホワイトクラウド
提供:ソフトバンク
SLA提供なし

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

ニフティクラウドキャンペーン

ニフティクラウドは、国内クラウドベンダーでは唯一SLA(サービスレベルアグリーメント)を設定している、純国産の「パブリック型クラウドコンピューティングサービス」です。ニフティクラウドでは、 ニフティクラウドのサービスが7万円分まで自由に利用できるキャンペーンを実施中(2017年3月31日迄)です。

ニフティクラウドの詳細を確認する

まずは資料でサービス内容などを確認したいという方は、以下のニフティクラウド公式ページから資料をダウンロードしてください。本サイトから「ニフティクラウド資料ダウンロード(無料)」でダウンロードできる資料は以下となります。

1) クラウド読本 / クラウド導入の不安を解決するための読本、ニフティクラウド概要など
2) 導入実績事例集 / 企業への導入事例集

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。