@nifty法人ID取得方法 l ニフティクラウド

ここでは、nifty法人IDを取得方法についてご案内しています。

ニフティクラウド(NIFTY Cloud)@nifty法人ID取得の流れ

ニフティクラウドを利用する場合には、@nifty法人IDが必要となります。@nifty法人IDは、オンラインから申し込んで取得する方法と、申込書(資料請求の同梱物)に記載して返送する方法があります。

オンラインでの申し込み

ニフティクラウドの公式サイトにある「オンラインでサインアップ」ボタンからお客様の情報を入力します。オンラインでの申し込みの流れは以下の通りです。

  • オンラインでサインアップ
  • ニフティからお客様へ、申し込み確認書の送付
  • ニフティからお客様へ、@nifty法人IDの通知
  • 申込画面へログイン

@nifty法人ID取得、お申込みページへ

申込書(資料ダウンロード)でお申し込み

ニフティクラウドの公式サイトにある「資料ダウンロード(無料)」にて情報を入力します。申込書面でお申し込みの流れは以下の通りです。

  • 申込書の請求
  • ニフティからお客様へ、申込書を送付、必要事項のご記入
  • お客様からニフティへ、記入済みの申込書を送付
  • ニフティからお客様へ、@nifty法人IDの通知
  • 申込画面へログイン

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

ニフティクラウドキャンペーン

ニフティクラウドは、国内クラウドベンダーでは唯一SLA(サービスレベルアグリーメント)を設定している、純国産の「パブリック型クラウドコンピューティングサービス」です。ニフティクラウドでは、 ニフティクラウドのサービスが7万円分まで自由に利用できるキャンペーンを実施中(2017年3月31日迄)です。

ニフティクラウドの詳細を確認する

まずは資料でサービス内容などを確認したいという方は、以下のニフティクラウド公式ページから資料をダウンロードしてください。本サイトから「ニフティクラウド資料ダウンロード(無料)」でダウンロードできる資料は以下となります。

1) クラウド読本 / クラウド導入の不安を解決するための読本、ニフティクラウド概要など
2) 導入実績事例集 / 企業への導入事例集

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。