ロードバランサー l ニフティクラウド

ここでは、ニフティクラウドのオプション機能である、ロードバランサーについてご案内しています。

負荷分散による可用性の向上

ロードバランサーは、外部ネットワークからのアクセスを一元的に管理し、同等の機能を持つ複数のサーバーに振り分ける転送機能です。

ロードバランサーを用いることで、ユーザーのリクエストを複数のサーバーに分散させることができ、サーバーの負荷を低下させることができます。更に、万が一サーバーに障害が発生した場合にも故障したサーバーを自動的に切り離して、処理を別の正常なサーバーに引き継ぐことができるのでサービスの可用性を高めることができます。

概要
対応レイヤー トランスポート層(レイヤー4)
バランスポリシー(選択可能) ラウンドロビン / リーストコネクション
方式(選択可能) ICMP(IPレベルのチェック) / TCP(ポートレベルのチェック)
PING間隔の設定範囲 10~300秒
閾値の設定範囲 1~10回
アクセス制御 アクセス元IPアドレスの制限(フィルター機能)
設定可能数 グローバルIP 6個分まで
ポート設定数 グローバルIP 1個につき、3種類まで
帯域(選択可能) 10Mbps/20Mbps/30Mbps/40Mbps/100Mbps/200Mbps

ニフティクラウドの詳細ページへ戻る

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

ニフティクラウドキャンペーン

ニフティクラウドは、国内クラウドベンダーでは唯一SLA(サービスレベルアグリーメント)を設定している、純国産の「パブリック型クラウドコンピューティングサービス」です。ニフティクラウドでは、 ニフティクラウドのサービスが7万円分まで自由に利用できるキャンペーンを実施中(2017年3月31日迄)です。

ニフティクラウドの詳細を確認する

まずは資料でサービス内容などを確認したいという方は、以下のニフティクラウド公式ページから資料をダウンロードしてください。本サイトから「ニフティクラウド資料ダウンロード(無料)」でダウンロードできる資料は以下となります。

1) クラウド読本 / クラウド導入の不安を解決するための読本、ニフティクラウド概要など
2) 導入実績事例集 / 企業への導入事例集

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。