クラウドの選定基準、選び方

ここでは、企業が専用サーバや社内に設置されているサーバをクラウド環境に移行する場合に想定されるデメリットについてご案内します。

継続的なコスト負担

クラウドは月額費用で利用するサービスであるため、毎月の月額料金が必要となります。

月々の支払い金額だけを考慮すると自社でサーバ構築をした方が安価になるケースもありますが、クラウドサービスの費用にはサーバの運用費・管理費なども含まれ、人的なリソースの削減にも繋がります。また、サーバ管理を外部MSP(Mnaged Server Provider)などに依頼する場合には運用管理費用が別途必要になるため、社内でのサーバ運用と比較して新たなコスト負担が発生する場合もあります。

従いまして、クラウドを利用する場合には、総合的な費用や作業コストなども考慮して利用をご検討ください。

サービスレベル低下

導入を行うクラウドサービスのサービスレベルによっては、サービスレベルの低下に繋がる場合もあります。

サービスレベルについては、自社で運用管理を行う場合は標準化されていないケースが多くみられますので、クラウドサービスを利用してアウトソーシングを行う場合には、業務プロセスの見直しと標準化を進めることで、サービスレベルを落とすことなくクラウドを導入することが可能となります。

サービスレベルポリシーの変更

導入を行うクラウドサービスのサービスレベルによっては、サービスポリシーの再定義が必要となる場合があります。サービスレベルの低下と同様に自社で運用管理を行う場合は標準化されていないケースが多くみられますので、サービスレベルポリシーを見直しが必要となる場合があります。

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。