クラウドのセキュリティとは

ここでは、クラウドのセキュリティについてご案内します。

クラウドにおけるセキュリティへの不安

企業がクラウドの導入に消極的な理由として、社外に情報を置くことに抵抗があるとの調べがあります。

しかし、既にクラウドを利用している企業はベンダーの提供するセキュリティ対策に信頼を持ち、未利用企業は必要以上にセキュリティ面での不安に陥っているということが意識調査からわかっています。

その考えの原因は、これまでのセキュリティ対策が「外部からのアクセスを遮断する」ことに重点を置いていたためであり、クラウドの利用はネットワーク上のサービスであるため「外部からのアクセスを受け入れる」ことが前提になるためです。

クラウドにおけるセキュリティ対策

クラウドにおける具体的なセキュリティ対策として、クラウドを提供するベンダーの中には、異なる仮想サーバ間に影響を及ぼさないようCPU・メモリ・ネットワークのリソース、Virtual LANを分離し、他の利用者から参照ができない仕組みを構築しています。

また、老舗のセキュリティソフトメーカーが次々とクラウドの技術を応用したセキュリティソフトを発表しています。このようにセキュリティ面でもクラウドの利用が進んでいるのです。

クラウドのセキュリティについては導入前に各社の対応策を考慮し、信頼性の高いサービス提供ベンダー選びが重要になってきます。

  • 自社からしかアクセスできない、もしくは他社と同居しない物理構成を持つ仮想サーバはプライベートクラウドと呼ばれています。

国内クラウドベンダー各社のセキュリティ対策を比較

以下の比較表は国内のクラウドベンダーが行っているクラウドにおけるセキュリティ対策となります。

サービス名称 各社のセキュリティ対策 詳細
ニフティクラウド
提供:ニフティ
富士通グループによる「ログイン時パターン認証機能」「強固なセキュリティ対策」「システムの二重化」「24時間365日の監視体制」「耐震性」「UPS・自家発電設備設置」など。
資料ダウンロード(無料)はこちら
BIGLOBEクラウドホスティング
提供:BIGLOBE
「Webアプリケーション攻撃からの防御するWAF(Webアプリケーション ファイアウォール)」「OSやミドルウェアのアラートを検知するログ監視」ユーザーのニーズにより監視設定を行うサーバ運用支援サービスなどの有料セキュリティオプションを提供。
IIJ GIOホスティングパッケージサービス
提供:IIJ
利用者毎にCPU・メモリ・ネットワークのリソースを分離、VLANと分離、他の仮想サーバから参照できないようにハイパーバイザー上で制御。
BizホスティングCloudn
提供:NTTコミュニケーションズ
確認中
ホワイトクラウド
提供:ソフトバンク
各種データをシェアードHaaSデータストレージ上に統合することでセキュリティを向上。

国内ベンダーによる詳細なクラウド・コンピューティング比較表を確認する

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

ニフティクラウドキャンペーン

ニフティクラウドは、国内クラウドベンダーでは唯一SLA(サービスレベルアグリーメント)を設定している、純国産の「パブリック型クラウドコンピューティングサービス」です。ニフティクラウドでは、 ニフティクラウドのサービスが7万円分まで自由に利用できるキャンペーンを実施中(2017年3月31日迄)です。

ニフティクラウドの詳細を確認する

まずは資料でサービス内容などを確認したいという方は、以下のニフティクラウド公式ページから資料をダウンロードしてください。本サイトから「ニフティクラウド資料ダウンロード(無料)」でダウンロードできる資料は以下となります。

1) クラウド読本 / クラウド導入の不安を解決するための読本、ニフティクラウド概要など
2) 導入実績事例集 / 企業への導入事例集

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。