クラウドのセキュリティとは

ここでは、クラウドのセキュリティについてご案内します。

クラウドにおけるセキュリティへの不安

企業がクラウドの導入に消極的な理由として、社外に情報を置くことに抵抗があるとの調べがあります。

しかし、既にクラウドを利用している企業はベンダーの提供するセキュリティ対策に信頼を持ち、未利用企業は必要以上にセキュリティ面での不安に陥っているということが意識調査からわかっています。

その考えの原因は、これまでのセキュリティ対策が「外部からのアクセスを遮断する」ことに重点を置いていたためであり、クラウドの利用はネットワーク上のサービスであるため「外部からのアクセスを受け入れる」ことが前提になるためです。

クラウドにおけるセキュリティ対策

クラウドにおける具体的なセキュリティ対策として、クラウドを提供するベンダーの中には、異なる仮想サーバ間に影響を及ぼさないようCPU・メモリ・ネットワークのリソース、Virtual LANを分離し、他の利用者から参照ができない仕組みを構築しています。

また、老舗のセキュリティソフトメーカーが次々とクラウドの技術を応用したセキュリティソフトを発表しています。このようにセキュリティ面でもクラウドの利用が進んでいるのです。

クラウドのセキュリティについては導入前に各社の対応策を考慮し、信頼性の高いサービス提供ベンダー選びが重要になってきます。

  • 自社からしかアクセスできない、もしくは他社と同居しない物理構成を持つ仮想サーバはプライベートクラウドと呼ばれています。

国内クラウドベンダー各社のセキュリティ対策を比較

以下の比較表は国内のクラウドベンダーが行っているクラウドにおけるセキュリティ対策となります。

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。