クラウドの導入による業務効率化

ここでは、クラウドを導入することによる業務の効率化についてご案内しています。

クラウドを利用すれば、大幅な業務の効率化を実現

クラウドを利用すると、時間的なロスや人的リソースの無駄がなくなります。

これは、クラウドを利用することでこれまで多くの時間を費やしてきた「サーバーの選定・購入」「設置後の各種設定」などが全て不要になるためです。これは、クラウドサービスを提供するベンダー側で全てを用意しているためで、利用者が自身で選んだり用意をする必要がないためです。

またSaaSなどのソフトを組み合わせて使うことで、作業を行う人はインターネットに繋がる環境と端末さえあればどこからでも業務を行うことができます。必要なときにサーバールームなどに作業をしに行ったりする必要がないため、時間の節約と業務の効率化を実現できます。

そして、社内や提携パートナーの使うソフトウェアのバージョンが違うなどの理由で業務が進まないという状況も起きません。SaaSの中でも、プロジェクト管理ソフトなどを利用すれば、いつでもどこでも端末さえあれば業務の進捗状況、問題点などをグループで共有することができ、さまざまな状況で業務の効率化を行うことができます。

国内ベンダーによる詳細なクラウド・コンピューティング比較表を確認する

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

ニフティクラウドキャンペーン

ニフティクラウドは、国内クラウドベンダーでは唯一SLA(サービスレベルアグリーメント)を設定している、純国産の「パブリック型クラウドコンピューティングサービス」です。ニフティクラウドでは、 ニフティクラウドのサービスが7万円分まで自由に利用できるキャンペーンを実施中(2017年3月31日迄)です。

ニフティクラウドの詳細を確認する

まずは資料でサービス内容などを確認したいという方は、以下のニフティクラウド公式ページから資料をダウンロードしてください。本サイトから「ニフティクラウド資料ダウンロード(無料)」でダウンロードできる資料は以下となります。

1) クラウド読本 / クラウド導入の不安を解決するための読本、ニフティクラウド概要など
2) 導入実績事例集 / 企業への導入事例集

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。