クラウドのサービス形態の特徴や違い

ここでは、クラウド・コンピューティングの代表的な3つのサービス形態(SaaS・PaaS・IaaS)を例に、クラウドの特徴や違いについてご案内しています。

ソフトウエア・アズ・ア・サービス(SaaS:Software as a Service)

SaaSは、アプリケーションを個々のパソコンやスマートフォンなどの端末で動作させるのではなく、別のサーバーで処理を行い、それを確認するためだけに端末を使うサービス形態です。ここで注目すべきは、パソコンでもスマートフォンでも同じサービスが受けられることです。これはクラウドサービスが全てネットワーク上に存在するため、インターネットに接続できる環境さえあれば接続する端末を選ばないということです。

また、自分が使えるデータを自分の端末上に置かないということも特長です。クラウドを利用する際にはデータはクラウドベンダーが管理するサーバーに保管されます。そして、負荷の高い処理などは全てクラウドサービスを提供するベンダー側のサーバーで行います。そのため、自分の端末上にアプリケーションを持つ必要はなく、またパソコンなどの高度な演算処理能力も不要となります。

高度な機能、容量の多さ、耐久性などがクラウドベンダーには求められることになるため、クラウドの導入を考える際には信頼性の高いサービスを選ぶことが重要となります。

SaaSを支える関連サービス

  • ビジネス・プロセス・マネージメント・アズ・ア・サービス
  • クラウド・ビリング
  • ディザスタ・リカバリー・アズ・ア・サービス
  • インテグレーション・アズ・ア・サービス

クラウド提供各社SaaSの違いを確認する業務系におけるクラウド選定基準

プラットフォーム・アズ・ア・サービス(PaaS:Platform as a Service)

PaaSとは、アプリケーションソフトが稼動するためのプラットフォームを、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたタイプのサービスとなります。つまり、ユーザーはアプリケーションを構築・展開・管理する環境をクラウドサービスとして利用することになります。

インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス(IaaS:Infrastructure as a Service)

IaaSとは、情報システムの稼動に必要な機器や回線などのインフラを、インターネット上のサービスとして遠隔から利用できるようにしたタイプのサービスです。つまり、ユーザーは機材や回線などのハードウェア環境のみをクラウドサービスとして利用することになります。

IaaSを支える関連サービス

  • クラウド・ラボ
  • データベース・アズ・ア・サービス
  • デスクトップ・アズ・ア・サービス
  • ストレージ・アズ・ア・サービス

SaaS・PaaS・IaaSのサービスレイヤの違い

クラウドコンピューティングのサービスには大きく分けて3層のサービスレイヤに分類することができます。以下はそれぞれのレイヤで提供されるサービスの違いをまとめてあります。

SaaS・PaaS・IaaSのサービスレイヤの違い

アプリケーション/ソフトウェア:
アプリケーションなどソフトウェアを提供し、サービス形態としてはSaaSがこのレイヤに該当します。

プラットフォーム/OS:
アプリケーション開発・稼働するためのプラットフォーム(OS)の利用やミドルウェアの支援をする基本的なサービスレイヤです、サービス形態としてPaaSが該当します。

インフラ/ネットワーク(機器・回線など):
ネットワーク機器・サーバなどのハード面をサービスとして提供するレイヤです。サービス形態としてIaaSが該当します。

国内ベンダーによる詳細なクラウド・コンピューティング比較表を確認する


お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。