クラウドとは、導入のメリット

ここでは、クラウド・コンピューティングに関する基本的な内容およびメリットについてご案内します。

クラウドとはなんなのか?

クラウド(正式にはクラウド・コンピューティング)とは、ネットワーク上にあるサーバ群から高度なサービスを遠隔で利用できるサービスです。

利用者は、最低限のインターネット環境さえ用意すればクラウドを利用することができ、サーバなどの「機器」や「ソフトウェア」といった資源を自ら保有することなく、これらの資源やコンピュータ処理をネットワーク経由で利用することができます。クラウドでは、必要なサービスを必要なだけ利用することが可能になり、必要な分だけを利用するので無駄はなく、ITコストも最低限の利用となります。

アプリケーションのみ提供、アプリケーションを開発する環境を提供、サーバなどのホスティング環境も提供など、それぞれ全てのサービスがクラウドサービスと呼ばれるものになります。クラウド・コンピューティングを導入することで、企業における「ITコスト」および「IT環境」は大きく変わることになります。

クラウド・コンピューティングを利用するメリットとは?

次世代ITであるクラウドの、4つのメリットについてご案内します。

導入のメリット 1 迅速、スムーズなスタートが可能

クラウドを導入することで得られる大きなメリットの一つとして、導入時のサーバ構築などの時間的な節約が可能になる点があります。

通常サーバを構築する場合は、自社内のサーバ設置から始まりますが、クラウドを導入する場合にはハードウェアの設置、OSインストール、データーベースの構築などが不要になります。これに伴いサーバ管理者は、手間のかかるサーバ構築の時間と労力から解放され、ビジネス的にも機を逃さないという点で大きなメリットとなります。

導入のメリット 2 利用した分だけの支払い、つまり低価格

クラウドを利用する際に仮想サーバ費用は基本的に使った分だけ課金される「従量課金」で行われます。あらかじめ大規模なリソースを用意する必要がなく、金銭的に無駄な費用が発生しない点でメリットとなります。

また、事前に一定の利用頻度が見込まれる場合には、月単位の定額プランもありますので、利用者は、従量課金と定額の場合を状況に応じて選択することができ、結果的に大きなコスト削減に繋がるのです。

導入のメリット 3 ハードウエアの保有が最小限に、ネットワークの構築が不要

クラウドを利用することで、社内に保有するサーバ等のハードウェアが減少するため、管理維持に必要なコストは削減されます。またこれに伴う電力使用料が減少することもメリットと言えます。言うまでもなく、サーバが発する熱と唸るような音に悩ませることもなくなります。

導入のメリット 4 稼働後、プラン、オプションの変更が容易に行える

稼働後でもプランの変更やオプションの追加がブラウザからの操作画面で簡単に行えるため、その時々の利用状況に合わせた形で利用することができるのもメリットとなります。

お勧めのクラウド・コンピューティングサービス

ニフティクラウドキャンペーン

ニフティクラウドは、国内クラウドベンダーでは唯一SLA(サービスレベルアグリーメント)を設定している、純国産の「パブリック型クラウドコンピューティングサービス」です。ニフティクラウドでは、 ニフティクラウドのサービスが7万円分まで自由に利用できるキャンペーンを実施中(2017年3月31日迄)です。

ニフティクラウドの詳細を確認する

まずは資料でサービス内容などを確認したいという方は、以下のニフティクラウド公式ページから資料をダウンロードしてください。本サイトから「ニフティクラウド資料ダウンロード(無料)」でダウンロードできる資料は以下となります。

1) クラウド読本 / クラウド導入の不安を解決するための読本、ニフティクラウド概要など
2) 導入実績事例集 / 企業への導入事例集

ニフティクラウドの資料をダウンロードする

クラウド・コンピューティングは、は、企業ITにおける「IT環境」「ITコスト」を大きく変えるソリューションです。国内を中心にクラウド事業者を比較しています。